目に良い食べ物として注目され続けているブルーベリー

最近ではビルベリーやアサイーベリーなど、よりアントシアニンが豊富なベリー系を配合しているサプリメントも増えてきました。

 

ブルーベリー

 

さて、このブルーベリーの力ですが、いったい何が目に良いとされているでのでしょうか。

 

ここでは、そのブルーベリーの力について紹介したいと思います。

 

アントシアニンが豊富

 

ブルーベリーにはポリフェノールの1種である、アントシアニンが豊富に含まれています。

 

このアントシアニンには、強い抗酸化作用があると言われおり、カラダの酸化を抑えてくれるのではないかと言われています。

 

では、このアントシアニンがなぜ目に良いとされるのかですが、加齢やスマホ・パソコンなどで酷使した目は、様々なダメージを受けています。

 

そのダメージを緩和・予防してくれるのが、このアントシアニンの効果なのです。

 

「目の疲労を改善」という意味で、いつまでも健康的な目を守るために役立っています。

 

ビタミンが豊富

 

ブルーベリーには、カラダに必要な栄養素である「ビタミンA」「ビタミンC」「ビタミンE」が含まれています。

 

これらの栄養素は人間のカラダに必要不可欠であり、特にビタミンAは目に必要な栄養素です。

 

目に良い栄養としてアントシアニンばかりが注目されますが、ビタミンAは必須であり、アントシアニンだけよりもビタミンAも一緒に摂取するほうが効率がよくなります。

 

また、ビタミンCは万能の栄養素であり、目だけではなくカラダの様々な場所に役立っています。

 

ビタミンEは抗酸化作用があり、カラダの活性酸素の働きを抑える効果があります。

 

食物繊維も豊富

 

意外と思われるかもしれませんが、ブルーベリーは食物繊維が豊富です。

 

おそらく食物繊維といえばバナナやゴボウを思い浮かべる方が多いと思いますが、そのバナナよりも豊富なのです。

 

もちろん、少量ではバナナの方が多いので、それなりの量は食べる必要がありますが、同じグラムだとブルーベリーの方が豊富なのです。

 

まとめ

 

ブルーベリーの栄養素は、目に良いとされるものが多く、これらの栄養がギュッと詰まっているからこそ、目に良い果実だといわれています。

 

ただ、毎日ブルーベリーを食べるとなると、コストがかかりますし、何よりもそれなりの量を食べる必要があります。

 

好きであればかまわないのですが、毎日毎日ブルーベリーを食べ続けるのは、正直キツイと感じる方も多いはずです。

 

私も昔はブルーベリーを毎日食べていた時期はあるのですが、途中から苦痛に感じるようになり、2ヶ月ほどで断念した経験があります。

 

眼は常に酷使されている状態なので、目のことを考えると毎日続ける必要があります。

 

ただ、毎日はキツイ。

 

そこで、手軽に摂取できるサプリメントがオススメです。

 

当サイトでは、眼精疲労や老眼に良いとされる品質重視のブルーベリーサプリを紹介しておりますので、興味がある方は参考にされてみてください。

 

毎日1粒飲むだけなので、時間も手間もかかりません。

 

ですが、ブルーベリーの栄養素はきっちりと摂取できるので、忙しい方でも安心して毎日続けることができます。