眼精疲労にオススメの耳ヨガ

眼精疲労の改善として、耳ヨガという方法があります。

 

ヨガといえば、カラダにいいイメージがあると思いますが、これはカラダを意識して呼吸やリンパの流れなどをよくしているからです。

 

耳ヨガには、自律神経を整え、耳のコリを和らげる効果が期待できるので、耳から目・脳に繋がる疲れなどを緩和することができます。

 

さて、この耳ヨガの方法ですが、とても簡単なものなので、興味がある方はぜひお試しください。

 

耳ヨガのツボ

 

この3点の耳たぶを引っ張るだけです。

 

その際、5秒間ほどゆっくり息を吐きながらすること。

 

これを左右すればOKです。

 

耳には様々なツボがありますので、耳ヨガはかなりオススメです。

 

現代はスマートフォンやパソコンなどで目を酷使している人が多いですから、「目が疲れたな」「しょぼしょぼするな」と感じたときに、この耳ヨガをやってみてください。

 

1日1回でも問題ありませんが、疲れているときに、そのたびに行うことで効率よく改善することができます。

 

これらの症状があるときは、目が疲れているサインを送っているわけですから、少し休憩させてあげることも大切です。

 

ただし、このときに目薬をするのはNG!!

 

目薬は目に悪い!でも紹介していますが、目薬を頻繁に使うと涙がでにくくなりますし、目薬も薬であることを忘れてはいけません。

 

ですから、人工的な涙を眼に入れるのではなく、耳ヨガや目を温めるなど、人間本来の方法で改善させていきましょう。

 

耳ツボジュエリー

 

私の友達でアロマエステを自宅でしている子がいるのですが、その子から教えてもらったのが「耳ツボジュエリー」です。

 

耳ヨガとは異なりますが、エスティシャンに耳のツボにジュエリー(シール)を貼ってもらうだけなので、とっても簡単です。

 

何もしなくても眼精疲労のツボにジュエリーが付いているので、その間は特に何もする必要はありません。

 

着けている間は耳が赤くなったりすることがありますが、血行やリンパの流れが良くなっている証拠だそうです。

 

また、ちょっとしたおしゃれ感覚で楽しむことができるのもオススメのポイントです。

 

ですが、耳ヨガとは違ってお金がかかりますので、眼精疲労にお金をかけたくない方は、自宅でも会社でも簡単にできる耳ヨガをオススメします。